最速でPayPayやLINE Payを開く方法を見つけたので解説する!

iPhone

はじめに

皆さんはPayPayやLINE Pay、楽天Payなどを使っていますか?
私も常用していますが、Apple PayのSuicaやQUICPayと比べて一つだけ不満な点があります。

アプリの起動が面倒

ということです。
あらかじめアプリを開いていない限り、ホーム画面に戻ってアプリがあるページまで移動して起動するという手段を取る必要があります。

今回はそんなPay系アプリの起動を楽にする方法を試行錯誤して考えましたので紹介します!

今回紹介することを簡単に動画にしてまとめたので、イメージが掴めない方は一度見てみてください!

ショートカットで高速にPayPayを起動する方法

1STEPでアプリを開く方法

準備

準備するものはショートカットというApple製の無料アプリ1つだけです。

400x400bb

ショートカット 

実現方法

どのように1ステップでアプリを起動するかということを説明します。
ショートカットアプリのオートメーションを使って「カメラ」アプリの起動をトリガーにしてPay系アプリの起動を行います。

通常であれば、ロック画面で横にスワイプすると「カメラ」アプリが起動すると思います。

ショートカットアプリを使うと、この動作でカメラではなく別のアプリを起動させることができます。

これによって、

① ロック画面を表示する
② 横にスワイプする

という2ステップでPayPayなどの支払いアプリを起動することができます。
また、iPhoneには「手前に傾けてスリープ解除」という機能があり、iPhoneを取り出すだけでロック画面を表示することができるので実質1ステップで使うことができます。

カメラアプリを犠牲にする方法

まずは超簡単にアプリを1ステップで開く方法を説明します。

ショートカットアプリを立ち上げて、真ん中のタブのオートメーションを選択します。
新規オートメーションを作成する画面になったら、スクロールして一番下の「Appを開く」を選択します。

次に「Appを選択」から「カメラ」を選択します。
選択できたら「次へ」をタップします。
純正のカメラアプリ以外を使用している人でもiPhone標準の「カメラ」アプリを選択するようにしてください。

次に、「アクションを追加」から「スクリプティ」を選択し、一番上にある「Appを開く」を選択します。

アクションが一個追加されていると思うので、「選択」をタップし、PayPayやLINE Payや楽天ペイなど、自分が開きたいアプリを選択します。今回はPayPayでやってみます。

最後に次へをタップします。
実行の前に尋ねる」の部分をオフにして完了をタップすれば完成です。

これによってロック画面からスライドするだけでPayPayが起動するようになりました。
しかし、一つだけ問題があります。

このままではカメラアプリを起動することができない

カメラアプリを起動するたびにPayPayが起動するので、このままではカメラを使うことができません。
ホーム画面のカメラアプリアイコンをタップしてもPayPayが起動してしまいます。
そこでオートメーションにひと工夫をしてカメラアプリも起動できるようにします。

カメラも起動できるようにする方法

このカメラを起動できるようにする方法を考えるのに苦労しました。
「ロック画面から起動すればPayPay」「ホーム画面から起動すればカメラ」というようにしたかったのですが、どうもロック状態を取得する方法はいまのところないようです。

そこで今回は「クリップボード」と「現在の日付」を利用して最初の起動は「PayPay」、その直後にもう一回カメラを起動するとカメラが起動するようにしました。

レシピは以下のようになります。
(スクリーンショットが2枚になっていますが、アクションは左の画像にすべて表示されています。全体を写すために2枚になっています。)

何をしているかというと、「if文」を使って条件分岐をしています。

最初にPayPayを開いたときに「現在の日付」をクリップボードにコピーします。
もし、PayPayじゃなくカメラを使用したいときはもう一度カメラアプリを起動します。

そうした場合、クリップボードにはちょっと前の「現在の日付」が格納されているので、「現在の日付」と比較すると「真」となり、「何もしない」に進みます。つまりカメラが起動したままになります。

文字だけだと分かりにくいので以下のフローチャートで見てください。

つまり、1分以内にもう一度カメラアプリを開くとPayPayが開かずにカメラを使うことができます。
(厳密には、分が変わる瞬間だともう一度開かないといけない)

これによって、ひと手間増えますがカメラアプリも起動できるようになりました。

最後に

今回はショートカットアプリを利用して高速に決済系のアプリを開く方法を解説しました。
別に起動するアプリはPayPayやLINE Payだけではなくてもいいので、個人の好きなアプリを選択することができます。(Twitterを高速起動したりサードパーティのカメラアプリを起動したり)

ショートカットのオートメーションを使って日常をちょっと便利にしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました